鋼板の種類

弊社にて取扱いを行っている鋼板の種類です。 用途により色々あります。

熱延鋼板(黒皮・ホットとも呼ばれてます)

酸洗鋼板(ズバリ! サンセンです)

冷延鋼板(ミガキと呼ばれてます)

電気亜鉛メッキ鋼板(一般的にボンデ鋼板と言うとこれです)

溶融亜鉛メッキ鋼板(ペンタイト鋼板が有名ですね)

縞鋼板(敷板に使用。一番身近な鋼板です)

熱延鋼板(SPHC)

通常、黒皮やホットと呼ばれる鋼板でJIS G3193に
規定されます。 板厚は1.6o以上からあり、100o
以上こ厚さまで製造可能で建材・建築等様々な所に使
用されています。

酸洗鋼板(SPHC−P)

熱延鋼板の表面スケールを酸で洗い流し除去した鋼板
です。 加工性が良く、メッキもしやすいのが特徴です。
表面にオイルが施され錆び難くしておりますが、加工後
塗装やメッキ無しで使用する事は出来ません。

冷延鋼板(SPCC−SD)

熱延鋼板をさらに冷間圧延をした鋼板で、板厚精度が良
く精密部品等の精度を要求される部材に使用されます。
表面にオイルが施され錆び難くしておりますが、加工後
塗装やメッキ無しで使用する事は出来ません。

電気亜鉛メッキ鋼板(SEHC−P)

熱延鋼板・冷延鋼板(SECC−Pとなります)の表面にメッキ
しリン酸塩処理を施した鋼板で、塗装後の耐食性が優れて
いる塗装用鋼板です。 自動車・家電・建材と幅広く使用さ
れています。 また、塗装無しで耐食性が良いクロム酸処理
のSECC−Cもあります。

溶融亜鉛メッキ鋼板(SGHC)

溶融メッキを施した鋼板で、亜鉛板とよく呼ばれる非塗装用
と、アロイと呼ばれる塗装用(ペンタイトNが有名)があります
塗装用(SGHC-F12)
溶融亜鉛メッキ鋼板の塗装用で、電気メッキ鋼板より目付け
量が多いのが特徴で、屋外で使用される建材等に使用されて
います。 
非塗装用(SGHC-Z12)
亜鉛鉄板やジンクと呼ばれる塗装無しで耐食性の優れた鋼板
で、屋外を問わず建材・家電・自動車等はば広く使用されてい
ます。 

縞鋼板(チェッカープレート)

溝ブタや足場などに使用される、滑り止の突起が表面に付いて
いる鋼板で、皆様が一番よく目にされる事が多い鋼板です。
弊社にて、色々なサイズに切断・穴あけ・曲げ加工も出来ます。

トップへ戻る

画像をクリックすると拡大します